サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 人工光合成により樹脂を製造する道を開く「光波長変換材」を開発

ここから本文です

日産自動車は2022年1月20日、東京工業大学と共同で、人工光合成の効率を向上させる高性能な光の短波長化材料(固体フォトンアップコンバージョン材料:UC材)を開発したと発表した。

このUC材は安定した固体で高い波長変換効率を持ち、光触媒と組み合わせることで人工光合成に利用可能な光エネルギー量を増大させる役割を果たすことができる。この技術により、排出されたCO2を原材料として利用することで、樹脂製造などにおける化石燃料への依存を低減することが期待されている技術だ。

新型メルセデスAMG GT4ドアクーペを発表

日産は、部品製造時のCO2排出量を削減するため、CO2を再資源化する人工光合成の技術に着目。

おすすめのニュース

サイトトップへ