サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 腕がないと危険!? ヤバイほど速かった過激なコンパクトカー3選

ここから本文です

腕がないと危険!? ヤバイほど速かった過激なコンパクトカー3選

■往年の過激なコンパクトカーたち

 現行モデルのコンパクトカーは経済性や安全性が重要視されているモデルが多く、軽自動車では満足できないユーザーから支持を得ています。

速そうな外観だけど走ると残念!? 狼の皮を被ったヒツジ5選

 一方で、ハイパワーなエンジンを搭載するコンパクトカーは極端に数が減ってしまいました。しかし、トヨタから新型「ヤリス GR-4」の存在が明らかになり、過激なコンパクトカーが復活します。

 そこで、これまで販売されたハイパワーなコンパクトカーを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「マーチ スーパーターボ」

 1982年に発売された新世代のコンパクトカーである初代日産「マーチ」は、国内のみならず欧州などでもヒットした世界戦略車です。

 デザインはいすゞ「117クーペ」を手掛けたことで有名な巨匠ジウジアーロによるもので、シンプルな造形ながら優れたベーシックカーと評価されました。

 1988年には、モータースポーツベース車の「マーチR」を発売。FF駆動ながら主にラリーへの参戦を目的に開発され、エンジンは930cc直列4気筒SOHCで、ターボに加えてスーパーチャージャーが装着され、最高出力は110馬力(グロス)を誇りました。

 低回転の領域ではスーパーチャージャーにより過給し、高回転域はターボによって過給することで、全域で高出力が得られる仕組みでした。

 翌1989年には、このマーチRをベースに公道走行に適した仕様とした「マーチ スーパーターボ」が発売されます。最高出力は110馬力とマーチRと変わらず、普段使いできるよう装備を充実させた形です。

 それでも車重は770kg(5速MT)と軽量で、速さはワンクラス上のクルマと同等以上でした。しかし、パワーステアリングなどは装備しておらず、ハイパワーなFF車にありがちなじゃじゃ馬なハンドリングで、本当に速く走らせるにはそれなりの腕も必要だったといいます。

●ダイハツ「ブーンX4」

 かつてダイハツはライバルのスズキやスバルと、モータースポーツで競い合っていました。主に平坦な未舗装のコースで速さを競うダートトライアルや、ラリーの競技者をサポートし、そのための競技車両として「ミラX4」や「ストーリアX4」、そして「ブーンX4」が開発されました。

 2006年発売のブーンX4は、ベーシックなコンパクトカーである初代ブーンをベースに、エンジンを936ccの直列4気筒DOHCターボに換装。最高出力は133馬力を誇り、当時、同クラスではもっともハイパワーでした。

 駆動方式はフルタイム4WD化され、トランスミッションは5速MTのみとし、サスペンションも専用にチューニングされたものが採用されて、高い運動性能を獲得。

 980kgという軽量な車体に133馬力の強力なエンジンを搭載したことで、パワーウエイトレシオは7.3kg/馬力と、スポーツカー並の数字を誇りました。

 通常のモータースポーツベース車のほかに、快適装備が充実した「ハイグレードパック」が用意され、普段使いとスポーツドライビングの両立も可能な、まさに羊の皮を被った狼でした。

■トヨタ「ヤリス GR-4」の源流はこのクルマ!

●トヨタ「ヴィッツ GRMN」

 2019年12月20日に、トヨタは新型「ヤリス GR-4」という、ラリーのベース車ともいえる過激なコンパクトカーを発表。発売時期や詳細なスペックは明らかになっていませんが、かなり高性能なことは間違いありません。

 このヤリス GR-4以前にも、トヨタは「ヴィッツ」をベースとした過激なコンパクトカー「ヴィッツ GRMN」を限定販売していました。

 ヴィッツ GRMNは2018年に限定150台が販売されたコンプリートカーです。ボディは欧州仕様のヤリス3ドアハッチバックをベースとし、外観は専用のバンパーやサイドステップ、リアスポイラーが装着され、スポーティなスタイルに変貌。

 エンジンは1.8リッター直列4気筒にスーパーチャージャーが取り付けられ、最高出力は212馬力を発揮し、駆動方式はFFでトランスミッションは6速MTのみ。専用チューニングサスペンションや、補強された高剛性ボディ、対向4ポットブレーキキャリパーなどが採用され、パワーアップに見合うシャシ性能とされます。

 発売当時の価格は400万円(消費税8%込)と、ヴィッツとは思えないほど高額でしたが、内容を考えると妥当な価格かもしれません。 

※ ※ ※

 かつてのハイパワーコンパクトカーは、シャシの性能よりもエンジンの性能が勝っているモデルが多く、一部の車種は危険なほどのじゃじゃ馬ぶりでした。

 記事中のヤリス GR-4については、シャシもかなり手が入れられているようで、安心かつ安全に高性能が味わえることでしょう。

 しかし、かつてのじゃじゃ馬のようなクルマの方が、スポーツドライブという点では楽しかったのも事実です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します