サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > デイトナ24時間レース:小林可夢偉が連覇達成! WTRのキャデラックが優勝

ここから本文です

デイトナ24時間レース:小林可夢偉が連覇達成! WTRのキャデラックが優勝

デイトナ24時間レース:小林可夢偉が連覇達成! WTRのキャデラックが優勝

 2020年のデイトナ24時間レースが行なわれ、ライアン・ブリスコー、レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ、スコット・ディクソン、小林可夢偉組の10号車ウェイン・テイラー・レーシング(WTR)が優勝した。同車は、2019年に続きデイトナ連覇を果たした。

 レース序盤は、10号車WTRにドライブスルーペナルティが科されるなどしたため、77号車マツダRT24-Pがリードを築いた。しかしレース中盤には5号車JDC-ミラー・モータースポーツのキャデラックと10号車WTRが浮上し、先頭争いに加わった。

■ヌービルがラリー・モンテカルロ初制覇! トヨタはオジェ、エバンスが表彰台

 しかし、残り5時間弱というところで、WTRはピット出口の赤信号無視により、60秒のストップ&ゴーペナルティが科され、1周以上遅れることになった。ただ、その後出されたイエロー・コーションのタイミングは10号車WTRにとって理想的。周回遅れを取り戻したばかりか、首位を行く5号車から3秒遅れで残り4時間を迎えた。

 その後、10号車WTRは好ペースで走り、ライアン・ブリスコーが24秒リードしてアンカーの小林可夢偉にバトンタッチ。小林は後続のマシンを引き離し、トップでチェッカーを受けた。

 10号車WTRは、2019年に続きデイトナ連覇達成。キャデラックDPi-V.Rはこれで4連勝である。

 今年のデイトナ24時間はイエロー・コーションが5回しか出されなかったため、周回数は833周、走行距離は2965.48マイル(約4744km)となった。2018年の周回数は808周だった。

 2位になったのは、77号車マツダRT24-P(オリバー・ジャービス、トリスタン・ヌネス、オリビエ・プラ)で、首位から65秒差だった。そこからさらに20秒遅れで、5号車JDCミラー・モータースポーツのキャデラック(セバスチャン・ブルデー、ジョアオ・バルボサ、ロイック・デュバル)が3位フィニッシュを果たした。

 ここまでの上位3台が、同一周回となっている。

 デーン・キャメロン、ファン-パブロ・モントーヤ、シモン・パジェノー組の6号車アキュラ・チーム・ペンスキーは4位だった。もう1台のマツダ55号車は、終盤パワーロスに苦しみ、6位に終わっている。

 LMP2クラスはドラゴンスピードの81号車オレカが優勝。GT-LMクラスはレイホール・レターマン・ラニガンの24号車BMW M8 GTE、GT-Dクラスはポール・ミラー・レーシングの48号車ランボルギーニ・ウラカンGT3が優勝を果たした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します