サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クビアト、突然のシャットダウンでクラッシュも「パフォーマンスにはいい手応えを得ている」トロロッソ・ホンダF1

ここから本文です

 2019年F1ブラジルGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=9番手/2=14番手だった。

 FP1では16周のなかで1分18秒274、FP2では34周を走り1分10秒424をマークした。

トロロッソ・ホンダF1のガスリー、トラブルでストップ「明日挽回し、予選で完璧な走りをしたい」

 FP2セッション終盤、マシンの電源がシャットダウンするという問題が発生。クビアトはコースオフを喫してバリアにクラッシュ、マシン後方からは出火が見られた。

 ホンダによると、この日は金曜用のパワーユニット(PU/エンジン)を使用していたため、土曜以降への影響はないということだ。