サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1分析|やっぱり……フェラーリを苦しめたデグラデーション。メルセデスの急浮上にも注目

ここから本文です
 F1スペインGPを制したのは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンだった。

 フェルスタッペンは2番グリッドからスタート。ポールポジションからスタートし逃げを打つシャルル・ルクレール(フェラーリ)を追った。しかしレース序盤にターン4で挙動を乱してコースオフし、ルクレールに10秒以上の差を築かれてしまった。これで万事休す……と思われたが、27周目にルクレールにまさかのトラブル発生。メルセデスのジョージ・ラッセルを攻略するのに苦労するシーンもあったが、フェルスタッペンは3ストップ戦略を採り、逆転で勝利を掴んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ