サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まるでターミネーター? クルマに続き「自己修復する塗装」がバイクにも採用され始めている!

ここから本文です

バイクではカワサキが「ハイリーデュラブルペイント」という名で採用

カワサキの2019年モデルのニンジャH2カーボンやニンジャH2 SX SEに採用された新技術が大きな注目を集めました。

【画像18点】塗装表面のひっかき傷が徐々に消える!自己修復が進む過程を写真で解説

最高出力200馬力オーバーのスーパーチャージドエンジンでしょうか?
いや、パワーユニットや叩き出す数値ももちろんスゴいんですが、それはデビュー時からのこと。
2019年モデル・ニンジャH2カーボンやニンジャH2 SX SEの驚くべきポイントは、細かい傷であれば自己修復する機能を持った「ハイリーデュラブルペイント」を外装に採用したことです。

おすすめのニュース

サイトトップへ