サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ル・マン合同テストの性能調整発表。LMHマシンはWEC通常戦と同じピーク出力に

ここから本文です
 8月21~22日に開催される第89回ル・マン24時間レース。15日(日)の合同テストを前に、テストにおけるハイパーカークラス性能調整(BoP)が発表された。トヨタとグリッケンハウスのLMH規定マシンは、今季のWEC(世界耐久選手権)の直近2レースと同じ出力となっている。

 トヨタのGR010 HYBRIDのピークパワーは515kW、グリッケンハウスの007 LMHは520kWとなっており、これは6月のWEC第2戦ポルティマオや、7月の第3戦モンツァのレースと同様だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ