サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2020-2021年に注目された輸入車Cセグメント。本命は新型デビュー待ち熟成されたモデル勢も充実

ここから本文です

2020-2021年に注目された輸入車Cセグメント。本命は新型デビュー待ち熟成されたモデル勢も充実

アウディ A3やBMW 1シリーズ、メルセデス・ベンツ Aクラスやフォルクスワーゲン ゴルフなどが属するCセグメント。高い実用性と優れたコストパフォーマンスでインポートカー市場の主役を担ったジャンルだが、SUV人気や電動化ブームの影響は大きい。ベンチマークたる新型ゴルフ導入に期待が高まる。(Motor Magazine2021年2月号より)

存在感を示したBMW2シリーズ グランクーペ
2019年月に本国で発表された新型8代目のフォルクスワーゲンゴルフがいまだに導入されず、それゆえいまひとつ話題に事欠いた印象も否めないのが、日本における2020年のCセグメントモデルたちだ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

そうした中にあっても、ひとり意気盛んなところを示したのはBMWだ。このところのプレミアムブランドの流儀に則った新型SUVが次々と追加される同社のモデルラインアップにあって、低い全高を与えられたサッシュレス 4ドアクーペモデル、という異色の存在として登場したBMWの新型2シリーズ グランクーペである。

従前からのFRレイアウトを採用するコンパクトな2ドアモデルに加えて、しばらく前にFFレイアウトを用いた、MINIシリーズとランニングコンポーネンツを共有するモノスペースモデル(2シリーズ アクティブツアラー/2シリーズ グランツアラー)も発表したことで、いまひとつイメージが絞り切れなくなっていた2シリーズに属するモデルたちだ。

しかしこのグランクーペの登場によって「スタイリッシュでありながら比較的コンパクトなサイズの、日本でも扱いやすいBMW車が2シリーズ」という印象は大きく増した。50対50という前後重量配分のFRレイアウトの持ち主、という長年の「しがらみ」から解放されながらも、BMWらしいスポーティネスを見事に表現した2シリーズ グランクーペは、BMWにとって単なるニューカマーという以上にエポックメイキングな製品でもあるといえる。

マーケットでの認知力と本来の価値観のアピール
一方で、まるでそうしたBMW車元来の記号性を失ったモデルにスポットライトがあたることを嘆く声が届いたかのように、「この先も2ドアモデルにはFRレイアウトが踏襲される」というコメントが聞かれるのも2シリーズだ。

いずれにしても、3シリーズや4シリーズが上級移行によってサイズも価格も立派になっていく中で、2シリーズの各モデルこそが言ってみれば「庶民のBMW」ということになるのかもしれない。

また、2021年のCセグメントで新型ゴルフ、新型A3シリーズとともに気になるのは、こちらもすでに本国では発表されているシトロエンの新型C4。昨今のこのブランドの流儀を明確に踏まえながらも、ますますクロスオーバー方向へと進んでいることが明らかな新型C4のルックスは、何とも気になる仕上がりだ。

端的に言って「2020年よりも、はるかににぎやかで面白くなりそう」なのが、2021年のCセグメントでもありそうだ。(文:河村康彦)

[ アルバム : 2020-2021年に注目された輸入車Cセグメント はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します