サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツが「ミラ イース」を一部改良。オートライトを標準装備化で安全性を向上!

ここから本文です

2020年12月1日、ダイハツ工業(以下、ダイハツ)は軽乗用車の「ミラ イース」を一部改良して発売すると発表した。

OEM供給車のプレオ プラスとピクシス エポックも同時に一部改良
ミラ イースは、ミラの派生モデルとして登場したボンバンタイプの軽乗用車だ。2011年に「第3のエコカー」として登場し、現行型は2017年に発売された2代目にあたる。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

今回の一部改良では、全グレードにオートライトを標準装備して、安全性を向上させている。主なグレードと車両価格(税込)は、B(2WD)の86万200円~G リミテッドSA III(4WD)の137万2800円。

おすすめのニュース

サイトトップへ