サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1後半戦に臨むレッドブル代表「今や失うものはない。チャンスを生み出すべくメルセデスに積極的に挑む」

ここから本文です
 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2020年にF1タイトルを獲得する可能性がかなり低くなったとして、後半戦は1戦1戦アグレッシブに攻めて、メルセデスにチャレンジしていくと語った。

 第9戦終了時点で、コンストラクターズ選手権ではメルセデスが325点でトップ、レッドブル・ホンダは2位だが173点と、その差は大きい。ドライバーズ選手権においては、ポイントリーダーのルイス・ハミルトン(メルセデス)は190点、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは110点で3位に位置している。

おすすめのニュース

サイトトップへ