現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ 軽自動車2シーター復活 入魂のリアルスポーツ ホンダS660

ここから本文です

ホンダ 軽自動車2シーター復活 入魂のリアルスポーツ ホンダS660

掲載 更新
ホンダ 軽自動車2シーター復活 入魂のリアルスポーツ ホンダS660

2013年の東京モーターショーでコンセプトカーとしてワールドプレミアしたS660。発表、発売に先立って説明会、量産試作車の試乗会があり、そこで市販バージョンの全貌が見えてきたのでお伝えしよう。またサーキットでの試乗インプレッション(ドライバー:桂伸一)はこちらに掲載している。


◆一線入魂のボディ

価格やサイズなどのスペックは正式発表を待たなければならないが、ここでは一足先に実際に発売されるS660の詳細を見てみよう。基本は2シーターミッドシップレイアウト+キャンバスルーフ、ターボエンジン搭載の6速MT仕様と7速CVT仕様がある。ボディサイズは軽規格に収まるサイズであることは言うまでもない。

世界で一番「笑顔の似合うスポーツカー」というキーワードで、徹底的に楽しさを追求した2シーターオープンモデルの軽自動車だ。見る楽しさ、見られる楽しさ、曲がる楽しさ、操る楽しさ、そして走る楽しさを求め、開発されている。コーナーを曲がるイメージを言葉で表現すれば、スッとノーズが回頭し、ピタッと路面に吸いつき、グッと踏ん張って、ガツンと加速してコーナーを脱出、と開発主査の椋本氏は話す。

それには、各部の作りこみを満足できるレベルまで高める必要があり、妥協のないクルマ造りを目指したことが分かる。では、そのキーとなるボディからまず、見ていこう。エンジンやサスペンションなどに比べると地味だが、走りを作りだすすべてのキモとなるのがボディであることは間違いない。S660でも「一線入魂」を合言葉に徹底的に基本に忠実に、そして、コンベンショナルだが高性能なボディとしている。

特徴としてはNシリーズとは全く異なったボディで流用箇所はない。しかし、共通技術としてインナーフレーム骨格を採用している。写真の濃いブルーが乗り味に影響する部分で、骨格部材としては肝いりで作った箇所だという。特に環状形状を採用し、サスペンション取り付け部位の剛性アップを図っている。

そして一線入魂とは、エンジンの搭載、サスペンションの取り付け、タイヤの装着などボディに取りつけられる部品の都合に合わせてしまうと、ボディデザイン、構造はガタガタの線でつなぐことになる。そこをできるだけストレートな構造を取り、板厚や断面を太くする、つなぎを良くすることで全体の最適化、レベルアップを図っている。

構造材では60%以上でハイテン材を採用し、通常アウター材は270材がもっとも柔らかく0.6mm程度の板厚でカバーしていくところ、S660では1.6mmでカバーしている。そして、つなぎを良くしたことで、中に入る補強部材が不要となり、強度、剛性を保ちながら軽量化もしている。また、オープンカーであるため、センタートンネルとサイドシルがポイントとなり、曲げに対して2重に断面を作って剛性を出している。その結果、S2000を超えるねじれ剛性をもつ軽自動車に仕上がっている。センタートンネルでは3か所でブレース補強しているが、固めすぎてもサスペンションが突っ張った乗り味になり、だから、ボディで吸収することもできなければならない。

この記事を画像付きで続きを読む(外部サイト)

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

“車両盗難、まさか自分が?”は時代遅れ! 愛車を守る徹底ガイド~セキュリティ企画:後編~
“車両盗難、まさか自分が?”は時代遅れ! 愛車を守る徹底ガイド~セキュリティ企画:後編~
レスポンス
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第12戦】プレッシャーに負けない完璧なハミルトン。出口が見えないペレス
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第12戦】プレッシャーに負けない完璧なハミルトン。出口が見えないペレス
AUTOSPORT web
全長4.9m! トヨタ新型「FF最大・最上級セダン」が凄い! 最新「クラウン顔」採用した“新・大型セダン”「新型カムリ」米登場した姿とは
全長4.9m! トヨタ新型「FF最大・最上級セダン」が凄い! 最新「クラウン顔」採用した“新・大型セダン”「新型カムリ」米登場した姿とは
くるまのニュース
足つきはそんなに重要じゃない !ホンダ「CRF250L」はそれを教えてくれた理想の1台
足つきはそんなに重要じゃない !ホンダ「CRF250L」はそれを教えてくれた理想の1台
バイクのニュース
VWの中型セダン『マゴタン』、新型を中国で発売…現地合弁の生産2800万台目の車両に
VWの中型セダン『マゴタン』、新型を中国で発売…現地合弁の生産2800万台目の車両に
レスポンス
若葉マークの19歳の愛車はシボレー「カマロ」の「トランスフォーマー」仕様!? 小学生の頃に映画を観て憧れて、岡山から神奈川に引き取ってきました
若葉マークの19歳の愛車はシボレー「カマロ」の「トランスフォーマー」仕様!? 小学生の頃に映画を観て憧れて、岡山から神奈川に引き取ってきました
Auto Messe Web
東京から福岡へ! 大阪から東京へ! 基本乗車拒否ができない「タクシー」だけど流しの車両を停めて超長距離の移動もあり?
東京から福岡へ! 大阪から東京へ! 基本乗車拒否ができない「タクシー」だけど流しの車両を停めて超長距離の移動もあり?
WEB CARTOP
トヨタ、圧倒的な強さで今季2勝目! 8号車が優勝。僚機7号車はトラブルで1-2逃す|WECサンパウロ6時間レース
トヨタ、圧倒的な強さで今季2勝目! 8号車が優勝。僚機7号車はトラブルで1-2逃す|WECサンパウロ6時間レース
motorsport.com 日本版
MAXWINからGPS、Gセンサー、駐車監視システムを搭載したデジタルインナーミラー「MDR-C010A5Kai」が登場
MAXWINからGPS、Gセンサー、駐車監視システムを搭載したデジタルインナーミラー「MDR-C010A5Kai」が登場
@DIME
TGM Grand Prix、スーパーフォーミュラ第4戦富士で55号車のドライバーに大津弘樹の起用を決定
TGM Grand Prix、スーパーフォーミュラ第4戦富士で55号車のドライバーに大津弘樹の起用を決定
motorsport.com 日本版
高みを目指すサウンドカーが集結!『第11回ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト』注目車レビュー Part. 1
高みを目指すサウンドカーが集結!『第11回ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト』注目車レビュー Part. 1
レスポンス
「コストコ」で買える「カー用品」何がオススメ? 「ファイバークロス」だけじゃない「“使える”アイテム」とは
「コストコ」で買える「カー用品」何がオススメ? 「ファイバークロス」だけじゃない「“使える”アイテム」とは
くるまのニュース
トヨタ新型「和製スーパーカー」まもなく登場!? “超ロングノーズ”にV10搭載も!? “開発進捗中”目される「GR GT3」とは
トヨタ新型「和製スーパーカー」まもなく登場!? “超ロングノーズ”にV10搭載も!? “開発進捗中”目される「GR GT3」とは
くるまのニュース
一体どうすればいい? バイクでの走行中に突然雨が降ってきたときの対処法
一体どうすればいい? バイクでの走行中に突然雨が降ってきたときの対処法
バイクのニュース
あっ、左折に注意! 歩行者と運転手が知るべき「死角」…意識調査
あっ、左折に注意! 歩行者と運転手が知るべき「死角」…意識調査
レスポンス
日本専用車なんかじゃない!! トヨタ マークIIはクレシーダとしてバリバリ輸出されていたのを知っているか?
日本専用車なんかじゃない!! トヨタ マークIIはクレシーダとしてバリバリ輸出されていたのを知っているか?
ベストカーWeb
シティサーキット東京ベイで初めて!! 全日本カート選手権EV部門を開催 7月15日
シティサーキット東京ベイで初めて!! 全日本カート選手権EV部門を開催 7月15日
レスポンス
直進もOKな「道なりカーブ」に要注意!? 「ウインカー」は出すべき? 気になる進み方&「道交法的」に正しいのは?
直進もOKな「道なりカーブ」に要注意!? 「ウインカー」は出すべき? 気になる進み方&「道交法的」に正しいのは?
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村