サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】パサートR36とゴルフR32、Rモデルがフォルクスワーゲンらしさを失うことなどない【10年ひと昔の新車】

ここから本文です
2008年秋にパサートヴァリアントR36が日本に上陸し、ゴルフR32とあわせて、あらためてフォルクスワーゲンの走りの象徴とも言うべき「Rモデル」に大きな注目が集まった。そこで早速、Motor Magazine誌でもフォルクスワーゲン特集の中で、この2台の試乗テストをとおしてフォルクスワーゲンの目指す走りについて考察している。ここではその興味深いレポートを振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2009年3月号より)

ゴルフのベーシックモデルで伝えたかった走りの「愉しさ」
そもそも、高性能とはいったい何だろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン