サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スペインGP FP2:初日はメルセデス勢が最速、好調アルピーヌが上位に。レッドブル・ホンダは9&10番手

ここから本文です

 2021年F1第4戦スペインGPのフリー走行2回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは9番手、セルジオ・ペレスは10番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手、角田裕毅は7番手となっている。

 現地時間午後3時からのFP2は、気温はFP1開始時とほぼ同じの21度ちょうど、路面温度は40度と、7度上昇した。風向きはメインストレートからのターン1ブレーキングで、右側からの横風に変わっている。

アルファタウリ・ホンダのガスリー6番手、角田が7番手【タイム結果】F1第4戦スペインGPフリー走行2回目

 セッション序盤は、全車がミディアムタイヤを履いてコースインした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン