サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1第4戦無線レビュー(1)】「どうしてリカルドのラップタイムを言うの?」噛み合わなかったルクレールとエンジニア

ここから本文です

 2021年F1第4戦スペインGPの決勝。バルセロナ-カタロニア・サーキットはタイヤに厳しいコースであり、序盤から各車タイヤに苦しんでいた。上位を走るフェラーリでは戦略を巡ってチームとドライバーのやり取りがうまく噛み合わないシーンも。そんなスペインGPを、無線とともに振り返る。

────────────────────

ルクレール4位「すべてを完璧にこなした。モナコにも期待を持てる」フェラーリ/F1第4戦決勝

 タイヤに厳しいカタロニア・サーキットだけに、スペインGPは2回ストップ作戦が定石だ。しかし今年は決勝日の気温が低かったこともあって、タイヤの保ちは予想以上にいいと思われた。そのため1回ストップ作戦を視野に入れたチームも多かった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン