サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピアストリ、2022年のF1デビュー「実現難しいと分かっていた」アルピーヌとの関係継続を喜ぶ

ここから本文です

 アルピーヌF1チームは、FIA F2選手権のポイントリーダーであるオスカー・ピアストリが、フルタイムのリザーブドライバーになることを発表した。

 この発表は、彼と同じくアルピーヌの育成ドライバーであり、F2のタイトル争いを展開していた周冠宇が、アルファロメオのシートを獲得したことが影響している。

■初の中国人F1ドライバー、周冠宇への批判は”不当”。F2で競い合うピアストリ断言

 周に36ポイント差をつけてF2のランキングトップに立っているピアストリは、アルファロメオのドライバー候補に名前も挙がっていたが、彼は個人的にチームと交渉したことはないと明かした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ