サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ『ノア』次期型を大予想!TNGA採用、新ハイブリッドで2021年デビューか

ここから本文です

トヨタ『ノア』次期型を大予想!TNGA採用、新ハイブリッドで2021年デビューか

トヨタの人気ミニバン、『ノア』次期型に関する情報をスクープサイト『Spyder7』が入手した。TNGAプラットフォームを採用し、2021年にも登場する可能性がある。情報をもとにそのデザインを予想してみた。

初代ノアは、『タウンエースノア』後継モデルとして兄弟車の『ヴォクシー』とともに2001年にデビュー。2007年に登場した2代目では、プラットフォームをキャリーオーバーし、キープコンセプトでのフルモデルチェンジをおこなった。現行モデルとなる3代目は2014年に発売、ワイドで重厚なフロントマスクを採用し、車内高を60mm高く設定、居住空間を向上させるなど大きな進化を遂げた。そしていよいよ4代目へとバトンタッチされる。

次期型のプラットフォームには「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用し、低重心化によるミニバンでトップクラスの安定感、そして高剛性化がおこなわれる。ボディの拡大による居住空間アップも予想される。

ヴォクシーエスクァイアと統合されるとの見方もあり、次期型ノアのデザインはメッキを多用し、押し出し感、高級感がより高められたものとなる可能性がある。フロントマスクは流行りの“ギラギラ系”巨大グリルを装備するだろう。予想デザインCGでは前後のタイヤハウスに張り出しをもたせ、立体感を強調。存在感あるデザインとしたがいかがだろうか。

パワートレインの注目は、レクサス『UX』と共有する2リットル・ダイナミックフォースエンジンの搭載だ。ハイブリッドモデルは、現行の1.8リットルエンジンからこの2リットルエンジンに置き換わる。熱効率40%を実現させるとともに、クラス最高レベルの燃費を目指すことになる。ライバルである日産『セレナ e-POWER』のJC08モード燃費26.2km/リットルを超えてくるのは必至だ。

安全装備では、「レーンディパーチャーアラート」」「レーダークルーズコントロール」をはじめとする最新世代の「トヨタセーフティセンス」の搭載も間違いない。

次期型ノアの登場は、最速で2021年5月、遅れれば秋ごろと予想される。トヨタディーラーの統合によるヴォクシーエスクァイアとのモデル統合はあるのか。またGRスポーツの登場にも期待ができそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します