サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 豊田合成、英国生産から撤退 ホンダ生産終了や市場低迷で

ここから本文です
 豊田合成は28日、英国生産から撤退すると発表した。ホンダなど自動車メーカーの生産撤退などを踏まえ、英国豊田合成(TGUK)の生産終了を前提に労使協議を始める。小山享社長は「ホンダの撤退や日産自動車の減産影響、市場の冷え込みなどの要因で、内外装(部品)やウェザーストリップの成長が見込めないと判断した」と説明。英国のEU離脱は無関係としている。

 英国生産拠点の従業員数は2工場合計で約460人。ウェザーストリップ製品と内外装部品を製造している。生産終了時期は明らかにしていないものの「(納入先の)生産に影響しないよう詳細を詰め、できるだけ早く時期を決めたい」としている。

おすすめのニュース

サイトトップへ