サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 好調続くボッタス、メルセデス離脱決定も来季F1契約固まった状況が好影響? 「ドライビングのことだけに集中できた」

ここから本文です

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1第16戦トルコGPで2021年シーズン初優勝を達成。調子を上向かせたように見えるが、彼によると2022年シーズンの見通しが決まっていることが、いい影響をもたらしているのだという。

 ボッタスは今年、メルセデスとの契約延長に値することを示そうと尽力してきたが成績が振るわず、チームは現ウイリアムズのジョージ・ラッセル起用を決定。シートを失うことになった。

■ハミルトン、今季限りで離脱決定のボッタスに敬意「これまで仕事をしてきた中で最高のチームメイト」

 メルセデス離脱後の進路だが、ボッタスはアルファロメオへ移籍。彼曰く、この契約が結ばれたことで、アプローチに明らかな違いがもたらされたという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン