サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > コロナ危機でマクラーレンF1のサインツ&ノリスがサラリーカットを受け入れ。多数の従業員が休職へ

ここから本文です

 新型コロナウイルス感染が拡大するなか、マクラーレンF1チームは、チームを存続させ、従業員の将来を守るため、従業員の一時休職およびサラリーカットに踏み切った。

 マクラーレンが本拠を置くイギリスは、休職扱いの従業員に対し、雇用主が給与の80パーセント(上限月2500ポンド=約33万円)を支払うための助成金を出すという措置を決めている。

FIA、パンデミックによる危機に対応すべくF1規則を変更。次世代マシンの開発作業を2020年中は禁止に

 そんななか、マクラーレンは従業員の一部に休業を求め、休業しない従業員については給与を減額することを決めたと、BBCが伝えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ