サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ファン・マヌエル・コレア、F2事故の後遺症は“一生続く”と告白。それでも彼をレースに駆り立てるものは何なのか?

ここから本文です
 2021年シーズンにARTグランプリからFIA F3に参戦するファン・マヌエル・コレア。彼は2019年にスパ・フランコルシャンで行なわれたFIA F2のレースで起きた事故で脚に重傷を負いながらも、1年以上のブランクを経てついにカムバックを果たす。

 アントワーヌ・ユベールが命を落とした大事故から生還したコレアだったが、脚の怪我は深刻であり、1年以上車椅子での生活を強いられた。懸命なリハビリの甲斐あって現在は立って歩くことができているが、それでも松葉杖は欠かせない状態だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ