サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 令和の今でも乗りたいオシャレな軽スポーツ! 1990年代に登場した「軽ABCトリオ」を振り返る

ここから本文です

現在ではもうすぐ生産を終了するホンダ S660と、2014年に2代目へとフルモデルチェンジしたダイハツ コペンが人気の軽自動車スポーツ。かつては今よりも軽スポーツは若者に人気があった。

左右のドアにガルウイングを採用したマツダ(オートザム)AZ-1

この記事の画像ギャラリーを見る(全31枚)

そんな1990年代に相次いでデビューしたのが、それぞれの車種の頭文字をとって「軽ABCトリオ」と呼ばれた3台だ。A=マツダ(オートザム) AZ-1、B=ホンダ ビート、C=スズキ カプチーノを紹介したい。

当時、マツダは5チャンネル化しており、軽自動車や小型車を中心に扱っていたのがオートザム店だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ