サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル、フォレスター など3車種を出荷見合わせ…エンジン不具合[新聞ウォッチ]

ここから本文です
各紙の社会面などに取り上げられる自動車のリコール(回収・無償修理)や不具合の情報が相次いでいる。

日産自動車が、電子制御装置のプログラムに不具合があったとして、2019年7月~22年1月に製造した『セレナ』について、リコールを国土交通省に届け出たという。きょうの読売などが報じているが、特定条件下で発電用エンジンを始動しようとすると、燃料が残っていても燃料切れと判定され、走行できなくなる可能性があるそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン