サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【インド最速EV】超軽量の新型ハイパーカー「エコンク」発表 独自のバッテリー空冷技術採用

ここから本文です

動物の呼吸を模倣した冷却方式

インドの新興企業であるヴァジラーニ・オートモーティブが、「史上最軽量のEV」かつ「同国最速の自動車」を謳う新型ハイパーカーを公開した。

【画像】ヴァジラーニ・エコンク【写真で見る】 全90枚

ムンバイを拠点とするヴァジラーニが開発した新型エコンク(Ekonk)は1人乗りで、多くのEVで採用されている液冷式ではなく、空気を利用してバッテリーを冷却する独自の空冷技術を採用している。「DiCo」と名付けられたこの技術は、動物が呼吸によって体温を調節するバイオミミクリー(生体模倣)に基づいているという。

おすすめのニュース

サイトトップへ