サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日野デュトロ など2万4000台をリコール 変速機制御プログラムに不具合

ここから本文です

日野自動車は7月8日、『デュトロ』などの自動変速機制御プログラムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、日野『デュトロ』、トヨタ『ダイナ200』『ダイナ300』『ダイナ400』『トヨエースG25』『トヨエースG35』『トヨエースG45』の7車種で、2017年4月27日~2019年9月25日に製造された2万4065台。

対象車両は、自動変速機制御プログラムが不適切なため、Dレンジで停車中にアイドルアップ制御が働くと前進用クラッチが半クラッチ状態となることがある。

おすすめのニュース

サイトトップへ