サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日本人F1ドライバーの“先輩”小林可夢偉、角田裕毅の成功への鍵を語る「若い彼の“フィルター”となる人物が必要」

ここから本文です
 先日行なわれたバーレーンGPでF1デビューを果たし、9位入賞を果たした角田裕毅(アルファタウリ)。歴代王者を次々とオーバーテイクして見せたそのパフォーマンスに、海外からも称賛の声が上がっている。

 そんな角田の“先代”とも言える日本人F1ドライバーが小林可夢偉だ。小林は2009年のブラジルGPでトヨタからF1デビューをした後、2010年から3シーズンはザウバーで活躍。2012年には、日本人歴代最高位タイとなる予選2番手(ベルギーGP)、決勝3位(日本GP)を記録した。

おすすめのニュース

サイトトップへ