サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ MT-09、新色ブルーを追加へ…YZF-R1とのリレーションカラー

ここから本文です

ヤマハ MT-09、新色ブルーを追加へ…YZF-R1とのリレーションカラー

ヤマハ発動機は、スーパーネイキッドモデル『MT-09 ABS』のカラーリングを変更し、2020年モデルとして2月25日より発売する。

MT-09は、クロスプレーン・コンセプトに基づき開発した水冷3気筒845ccエンジンを搭載する大型スポーツバイク。ネイキッドとスーパーモタードを融合させた斬新なデザインとトルクフルな走りで人気を集めている。

新色「ブルー」は、同社スーパースポーツのフラッグシップモデル『YZF-R1』2020年モデルとのリレーションを高めるため、ヤマハレーシングブルーをベースにマットグレーを組み合わせ、ダイナミックかつスポーティなカラーリングとした。なお、「マットライトグレー」と「マットダークグレー」、および上級仕様『MT-09 SP ABS』の「ブラック」は継続して販売する。

価格はMT-09 ABSが102万3000円、MT-09 SP ABSが113万3000円。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します