サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1レジェンド、ニキ・ラウダに家族と友人たちが最後の別れ。ウィーンで葬儀営まれる

ここから本文です
 3度のF1ワールドチャンピオン、ニキ・ラウダの葬儀が、5月29日、オーストリア・ウィーンのシュテファン大聖堂で行われた。

 ラウダは、1975年、1977年にフェラーリで、1984年にマクラーレンでF1タイトルを獲得、引退後はフェラーリ、ジャガーとの契約を経て、2012年からメルセデスF1チームのノンエグゼクティブチェアマンを務め、5連覇に貢献した。2018年8月に肺移植の手術を受けて以来、療養を続けていたが、5月20日、永眠した。

おすすめのニュース

サイトトップへ