サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW日本法人社長「2020年も新型車攻勢をかける」…第1弾に M8グランクーペ

ここから本文です
ビー・エム・ダブリューのクリスチャン・ヴィードマン社長は1月28日に都内で会見し、2019年に引き続いて2020年も新型車攻勢をかける方針を明らかにした。

ヴィードマン社長はまず「2019年は4万6814台のBMW車、2万3813台のMINIを登録した。総計で7万0627台の新車をお届けし、それによって5年連続、日本市場においてナンバーワンのインポーターとなった。2019年は未だかつてなかったほどBMWグループジャパンが多くの新型モデルを日本市場に発表した年だった。BMWで21車種、MINIで7車種の新型をローンチした」と、2019年を振り返った。

おすすめのニュース

サイトトップへ