サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 高橋裕紀、ドヴィツィオーゾとの一騎打ちを制して手に入れた世界選手権初優勝/世界で活躍した日本人ライダー

ここから本文です

2006年MotoGP第5戦フランスGP 250ccクラス

 予選4番手グリッドからホールショットを奪った高橋裕紀(Humangest Racing Team)は、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾとレース序盤から一騎打ちのトップ争いを繰り広げていた。

青山博一がMotoGPの表彰台に最も近づいた日/世界で活躍した日本人ライダー

「14年も前ってメチャクチャ大昔ですね(笑)。もちろん、いい思い出ですし、昨日のことのように覚えています」

 裕紀が勝ってもドヴィツィオーゾが勝っても250ccクラス初優勝というシチュエーション。

おすすめのニュース

サイトトップへ