サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソの5秒加算ペナルティで、オコンの好サポートが台無しに「DRSを使わせようと後退した」

ここから本文です
 F1カナダGPの決勝レースを2番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソは、レース中にエンジンの問題に苦しみ、スピードダウン。レース終盤にはアルファロメオのバルテリ・ボッタスの猛攻を受けたが、チームメイトであるエステバン・オコンのサポートによりDRSを使うことができ、なんとかオーバーテイクを阻止することができた。しかしアロンソは、ストレート上で複数回進路を変えたとしてペナルティを受けてしまい、オコンの働きに報いることができなかった。

 レース終盤、セーフティカー解除後はオコンが6番手、アロンソが7番手を走っていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ