サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハリウッド映画のようだった……ピエール・ガスリー、激動の2019年を振り返る

ここから本文です
 昨シーズンまでのトロロッソは、2020年シーズンからアルファタウリとしてF1を戦うことになる。そのアルファタウリのドライバーであるピエール・ガスリーは、2019年シーズンは様々なことを経験したため、ハリウッド映画に出演しているようだったと語る。

 ブラジルGPを2位でフィニッシュし、F1での自身初表彰台を手にしたガスリー。しかしその一方で、彼は厳しい瞬間をいくつも経験した。シーズン中盤にはレッドブルから更迭され、さらにベルギーGPでは親友であるF2ドライバーのアントワーヌ・ユベールが亡くなるという事故も起きた。

おすすめのニュース

サイトトップへ