サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > TOYO TIREが走行中のタイヤの状況をリアルタイムで見られる「超画期的」技術を開発!

ここから本文です

TOYO TIREが走行中のタイヤの状況をリアルタイムで見られる「超画期的」技術を開発!

 AI・デジタル技術で「タイヤ力」を見える化!

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)はAI、デジタル技術を活用し、気候などで変わる「走行中の路面情報」と摩擦や荷重といった「走行中のタイヤ状態情報」を検知し、リアルタイムで「走行中のタイヤパフォーマンス」を可視化するタイヤセンシング技術を開発したと発表した。

いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

 タイヤにセンサーを装着することによって、果たすべきタイヤ性能(グリップ力)の限界値を導き出すセンシング技術を構築。

 これによって実際に走行している路面の状態に対して求められる性能範囲と、走行中のタイヤがそれに応じた「タイヤ力※」を発揮できているかをデータで把握するとともに、可視化することを可能とした。

※タイヤからインプットされる空気圧や温度、路面判別、荷重、摩擦、異常といった情報から推定される実際のタイヤのパフォーマンスをトーヨータイヤは「タイヤ力」と呼ぶ

 このように情報取得のデバイスとしての機能を備えたタイヤから検知、入手したデータを活用し、それぞれの車両に求められるタイヤ性能の限界値と実際のパフォーマンスをリアルタイムで把握することができれば、より精度の高い安定走行や危険回避などが可能になる。

 トーヨータイヤはこのセンシング技術を用いて、さらなるモビリティ進化の実現ができるよう、外部のさまざまな知見や技術との統合(オープンイノベーション)を進めていくという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します