サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日立AMS、ケーヒン、ショーワ、日信工業を統合した新社名は「日立Astemo(アステモ)」

ここから本文です

日立AMS、ケーヒン、ショーワ、日信工業を統合した新社名は「日立Astemo(アステモ)」

日立AMS、ケーヒン、ショーワ、日信工業を統合した新社名は「日立Astemo(アステモ)」

 日立オートモティブシステムズ(日立AMS)とホンダ系部品メーカー3社は19日、4社が統合して立ち上がる新会社の社名を「日立Astemo(アステモ)」に決定したと発表した。自動車や二輪車などモビリティ領域の事業は、日立の冠を外した「アステモ」で展開することで、系列を問わずに拡販しやすいブランド名とした。また、統合発表当初は2020年内の新設を予定していたが、新型コロナウイルスなどの影響で来年1~2月に立ち上げがずれ込む予定。

 新会社は統合する日立AMS、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社が持つパワートレインシステム、シャシーシステム、先進運転支援システムの三つのコア技術を軸に展開する。

ホンダが日産に近い日立グループと自動車部品事業でタッグを組む理由

 社名は、安全、快適かつ持続可能なモビリティを提供するという意味合いの「Advanced Sustainable Technology for Mobility」の頭文字から取った。

 新会社は日立グループとなるが、モビリティ関連はアステモブランドで訴求する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します