サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機、2050年の二輪車世界販売「電気のみ」で9割へ 2030年めど商品投入を本格化

ここから本文です
 ヤマハ発動機は19日、2050年に二輪車の世界販売の90%を電気だけで走行する車両にする方針を発表した。30年をめどに商品投入を本格化し、35年までに20%に引き上げて50年目標の達成につなげる。残りの1割は、ハイブリッド車(HV)や合成燃料の活用などで対応する。ヤマハ発動機の事業領域の中で最も多くの二酸化炭素(CO2)を排出する二輪車部門の電動化技術開発を加速し、カーボンニュートラルの実現を目指す。二輪車を含む企業全体のCO2排出量の削減に向けて新しい環境技術を開発するためのファンドも新設する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン