サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルピーヌF1、すべてのリソースを2022年型マシンの開発へ「今後投入される新パーツはほとんどない」

ここから本文です

 アルピーヌF1チームは、すべての研究開発リソースを2022年シーズンに切り替えたことを認めた最初のチームとなった。つまり今シーズンの残りの期間にアップグレードが行われることはほとんどないということだ。

「シーズン開幕から、エンストンとビリー-シャティヨンでマシン開発を大きく推し進めるために懸命な作業が行われてきた」と今週、チームのエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは語った。

アロンソに大満足のアルピーヌF1ボス、2022年の残留を示唆

「現在では、両ファクトリーにおける焦点は全体的に2022年に移された。

おすすめのニュース

サイトトップへ