サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「フェルスタッペンがハミルトンに並んだ瞬間は一度もなかった」F1イタリアGPスチュワードが”相討ち”裁定理由を説明

ここから本文です
 F1イタリアGPの26周目に起きたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の接触事故。スチュワードはレース後にこの件について審議を行ない、フェルスタッペンに非があると判断。次戦3グリッド降格のペナルティを科した。

 ハミルトンがタイヤ交換を終えてコースに戻った際、そのハミルトンとフェルスタッペンは1コーナーに向けて横並びの状態となった。1コーナーにはハミルトンがイン側、フェルスタッペンがアウト側という位置取りで飛び込んだが、ターン2ではイン/アウトの立場が逆転することになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ