サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【池原照雄の単眼複眼】コロナで沈む世界の新車需要…リーマン時のように救うは中国か

ここから本文です

◆22か月ぶりにプラスとなった4月の中国

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、世界の自動車需要にも強烈なインパクトを与えている。そうしたなか、ウイルスの起点でもある中国で新車需要がいち早い回復を見せてきた。先行きへの予断は許されないものの、自動車各社には前を照らすヘッドランプのような存在になりつつある。

都市封鎖などによる人の移動制限は、多くの産業の生産・販売活動をストップさせ、未曾有の衝撃となっている。近年では2008年9月の世界的な金融危機となったリーマン・ショック時も、新車需要が蒸発するように沈んでいった。

おすすめのニュース

サイトトップへ