サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW 「7シリーズ」をマイナーチェンジ

ここから本文です

BMW 「7シリーズ」をマイナーチェンジ

BMWジャパンは、2019年6月24日にフラッグシップ・セダン「7シリーズ」のデザイン変更と、高性能3眼カメラを含む最先端の運転支援システムを搭載するなどマイナーチェンジをした7シリーズを発売した。

モデル概要

日産「NV100クリッパー」「NV100クリッパー リオ」の一部仕様変更

7シリーズは、存在感あるデザイン、軽量・高剛性のカーボン・コア・ボディを採用するなど、ラグジュアリー・クラス屈指のドラビング・ラグシュアリー・セダンとして認知されている。

今回のマイナーチェンジ・モデルは、一段とラグジュアリー性と存在感を高めるために、デザインを見直しした。約40%大型化したキドニーグリルを採用し、キドニーグリルと連結するようにヘッドライトライトを装備することで、より存在感を強調している。

リヤのデザインは、細く水平に配置されたリヤ・ランプと、その上に装備された水平直線状のクローム加飾ガーニッシュにより、一段と優雅さを印象づけている。サイドは、厚みを増したボンネットと、ボディ下部に装備される水平に伸びたクローム加飾が新たに付け加えられている。

インテリアでは新しく12.3インチのディスプレイを備えた最新のフルデジタル・メーターパネルが装備され、AI技術を活用したBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントも搭載され、自然な音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となっている。

走行性能面では、「プラグインハイブリッド・モデル」は新たに最高出力286ps/5000rpm、最大トルク450Nm/1500-3500rpmを発揮する直列6気筒ガソリン・エンジンが搭載され、「745Le xDrive」にはインテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」が搭載されている。また、「750i/750Li xDrive」はそれぞれ60kW、100Nmの出力を向上させている。

またこの新型7シリーズには、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」や、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムが搭載されている。さらに、トラフィック・サイン・アシスト(速度制限認識)機能が搭載され、走行中にドライバーに対して制限速度を通知し、安全な走行をサポートする。なおハンズオフ機能は7月から顧客の希望に応じて機能を有効化するソフトウエアを提供する。

【価格】

BMW 7シリーズ 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します