サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ 中古車のサブスクリプションを展開 「保有」から「利用」に対応

ここから本文です
ホンダは1月28日、月極定額料金を支払うだけで対象の中古車を最短1カ月から利用できるサブスクリプションサービス「ホンダ・マンスリー・オーナー」の取り扱いを開始したと発表した。消費者の意識が「保有」から「利用」へとシフトしているのに対応し、カーリースとシェアリング・レンタカーの間に位置する新しいサービスとして提供する。月額料金は2万9800円(消費税込み)からで、利用者は駐車場代と燃料代だけの負担で契約期間中、自動車を自由に利用できる。

新しいサービスは、出産や介護などでライフステージの変化や、限られた期間だけクルマを使いたいなどの場合、気軽に自動車を利用してもらう。

おすすめのニュース

サイトトップへ