サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ 中古車のサブスクリプションを展開 「保有」から「利用」に対応

ここから本文です

ホンダ 中古車のサブスクリプションを展開 「保有」から「利用」に対応

ホンダは1月28日、月極定額料金を支払うだけで対象の中古車を最短1カ月から利用できるサブスクリプションサービス「ホンダ・マンスリー・オーナー」の取り扱いを開始したと発表した。消費者の意識が「保有」から「利用」へとシフトしているのに対応し、カーリースとシェアリング・レンタカーの間に位置する新しいサービスとして提供する。月額料金は2万9800円(消費税込み)からで、利用者は駐車場代と燃料代だけの負担で契約期間中、自動車を自由に利用できる。

新しいサービスは、出産や介護などでライフステージの変化や、限られた期間だけクルマを使いたいなどの場合、気軽に自動車を利用してもらう。最短1カ月から最長11カ月間、毎月定額で利用できる。あらかじめ契約期間を設定しなくても利用できる。自動車メーカーが手がけるサービスで最低1カ月からの設定は国内では初めて。月額料金には税金やメンテナンス費用、自動車保険など、車両維持コストがすべて含まれている。サービス利用者は車庫を確保して車庫証明を取得する必要がある。

トライアンフ インド・バジャージと提携 ミッドサイズレンジバイクを共同開発

対象はN-BOX、フィット・ハイブリッド、フリード・ハイブリッド、ヴェゼル・ハイブリッドで、車いす利用者の移動をサポートするN-BOX車いす仕様車とS660(4月から)で、月額利用料は車種ごとに設定しており、中古車を利用することで価格を抑えたという。

まずホンダ系版売会社で販売台数トップの埼玉県の認定中古車販売店「ユーセレクト城北」でサービスを開始する予定で、年間50台程度の契約を見込む。

今後、取り扱う車種やオプション、販売店を順次拡大していく予定で、新車を対象にしたサービスについても検討していく。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します