サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファロメオF1が2020年向けタイヤテスト。エリクソンがC38で走行

ここから本文です

 7月2日、3日にオーストリアのレッドブルリンクで、アルファロメオがピレリF1のタイヤテストを行った。

 F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、各チームの協力の下、2019年シーズン中に数回にわたって2020年用タイヤの開発テストを行っている。今週、スリックタイヤのテストをアルファロメオが担当し、チームのリザーブドライバーであるマーカス・エリクソンとレギュラードライバーのアントニオ・ジョビナッツィが1日ずつ担当した。

F1イギリスGPのタイヤ選択が明らかに。各チームにばらつき、レッドブル・ホンダはフェラーリと同じ選択

 エリクソンは、2015年から2018年にアルファロメオの前身ザウバーでレースドライバーを務めた後、シートを喪失。

おすすめのニュース

サイトトップへ