サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヴェルファイア買うなら中古がオススメ! 兄弟車アルファードに押され気味のカスタム派御用達ミニバンの今

ここから本文です

先代モデルはヴェルファイアのほうが売れていたが……

 アルファードは売れ筋の価格帯が400~550万円に達するLサイズミニバンだが、2022年1~5月の1カ月登録台数は約6100台であった。売れ筋価格帯が200~250万円のシエンタやフリードと同等の台数が売られている。ところがアルファードの姉妹車とされるヴェルファイアは、1カ月平均登録台数が250~300台だ。アルファードの5%程度しか販売されていない。

アルヴェルが欲しいけどやっぱり高い! それでも乗りたいなら狙うはヴェルファイアの前期型だった

 過去に遡ると、ヴェルファイアはアルファードよりも販売が好調だった。2015年に現行アルファード&ヴェルファイアが登場したときも、ヴェルファイアが多かった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン