サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電動化時代に消えゆく可能性も! 3気筒から16気筒まで各レイアウトの市販車「最強エンジン」を決める

ここから本文です

 この先味わえなくなる可能性大の珠玉のユニットたち

 欧州からは2035年にガソリンエンジン搭載車の新車販売禁止という政策も聞こえてくる今日この頃。内燃機関ファンにとってエンジン車を味わえる時間は思っているよりずっと短いかもしれない。日本でも政府が2050年カーボンニュートラルを目指すなど、エンジンへの逆風が吹いているのは同様で、急激に電動化へ舵を切った欧州の状況は対岸の火事ではない。

ターボだらけの今となっては超激レア! 思いっきりNAエンジンを楽しめる輸入車3選

 過激なまでに出力を上げたエンジンは存在していることが悪といったムードにもなりつつある。ハイパワーエンジンを味わうならば「今しかない」のだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ