サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ドーピング疑惑のかかるアプリリアのアンドレア・イアンノーネ、再検査も陽性か。食品の汚染が原因と弁護士主張

ここから本文です

 2019年12月17日、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は第18戦マレーシアGPで採取されたイアンノーネの尿サンプルから蛋白同化ステロイドが検出されたと公表し、アンチ・ドーピング・コードに基づき、暫定的な出場資格停止処分を下した。

 イアンノーネは、自身の潔白に自信があると語っており、Bサンプルによる再検査を要求したと見られていた。

■ロッシ、MotoGPキャリア継続目指し、サテライトチーム移籍の可能性も?

 そして現時点では、FIMからの公式な続報は出されていないものの、イアンノーネのBサンプルによる検査でも結果は陽性だったと、彼の担当弁護士は認めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン