サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、F1アメリカGPを堅実に戦い抜き9位入賞「ソフトタイヤでのスタートを最大限に活かした」

ここから本文です

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1アメリカGPの決勝レースを9位でフィニッシュした。この結果について角田は「本当に満足」と喜んだ。

 角田は10番グリッドからのスタートだったが、1周目に8番手に浮上。その後もメルセデスのバルテリ・ボッタスを抑えたり、キミ・ライコネン(アルファロメオ)らの攻撃を凌ぎ切り、ハンガリーGP以来の入賞を果たした。チームメイトのピエール・ガスリーがリタイアしていたため、チームにとっても貴重な2ポイントとなった。

■F1アメリカ決勝:フェルスタッペン、”攻撃的戦略”でハミルトンとの一騎打ちを制す! 角田裕毅も王者経験者とのバトル制し9位入賞

「今日は良い1日でした」

 角田はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

おすすめのニュース

サイトトップへ