サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1ボスのブラウン、新規則の抜け穴つぶしの成果に自信「ブラウンGPの衝撃は再現されないはず」

ここから本文です

F1ボスのブラウン、新規則の抜け穴つぶしの成果に自信「ブラウンGPの衝撃は再現されないはず」

F1ボスのブラウン、新規則の抜け穴つぶしの成果に自信「ブラウンGPの衝撃は再現されないはず」

 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、2022年新技術レギュレーションの抜け穴を見つけるチームが出てこないよう、手を尽くしたと語った。

 ブラウンがF1チーム代表だった時、レギュレーションが大きく変わった2009年シーズンに向け、ブラウンGPはダブルディフューザーのコンセプトを見出したことでシーズン前半を席巻、コンストラクターズおよびドライバーズタイトルを獲得した。

FIA、2022年シーズン末までに「トップと下位の差が現状の半分になる」ことを期待。規則を微調整する可能性も

 だが今のブラウンの仕事は、チームが新ルールを独創的な形で解釈することによってアドバンテージを得るのを防ぐことだ。2022年のF1では、コース上のバトルを活性化するために空力規則が大きく変更される。

「私が(チームの)テクニカルディレクターだった時代には、ひとつのチームが何らかの解釈を思いつくのはまれなことだった」とブラウンは『The New York Times』のインタビューにおいて語った。
「そういうことが起こる場合には非常に極端で、週のなかで毎日起こるようなことはなかった」

「すべての抜け穴、すべての解釈を予測するのは非常に難しい。それでも我々は、問題を理解し、その問題を排除するための方法を考案するというプロセスに取り組んだ」

「チームがデザインを進化させ、変更する余地が残されている場所を見つけるために、我々のグループはさまざまなエリアにおいて慎重に扱うべき点を調べた」

「規則破りという段階を設けて、なんとか規則を破り、抜け穴を見つけられるかどうかを試した。そういう作業を行ったのだ」

「すべての抜け穴を見つけ出したと言うつもりはない。だが、何らかのチャンスがある場所を探す、レギュレーション・テストの段階を経たことは確かだ」

 ブラウンGPのダブルディフューザーに当たるようなものを見つけ出すチームがあると思うかと聞かれて、ブラウンは「いや、そうは思わない」と答えた。

 しかしブラウンは、その可能性を完全に否定することもしなかった。
「しかし分からないよ。それが起こる前には誰も予想していなかったんだからね」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します