サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リバースグリッドは「F1に対してできる最悪のこと」と元F1王者プロスト。導入には強く反対

ここから本文です

 4度のF1世界チャンピオンであり、アルピーヌF1チームのアドバイザーを務めるアラン・プロストは、F1でリバースグリッドによる惨めな光景に耐えるくらいなら、F1を離れることを選ぶと述べている。

 イギリスGPとイタリアGPを終え、F1はスプリント予選のトライアルを11月のインテルラゴスで締めくくる。その後F1はこの新フォーマットの長所と短所について徹底的な評価を行うことになる。

アロンソ、F1スプリント予選に肯定的も「エキサイティングな展開にするには金曜予選の見直しが必要」

 これまでにも、土曜日の100kmのスプリント予選を盛り上げようと数多くの提案があり、そのなかでリバースグリッドのアイデアが再び挙げられた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ