サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」スタイリッシュに変身。今度のヴァリアントが「ゴルフの本命」と言われる理由

ここから本文です
先進のゴルフ、ヴァリアントはその魅力を凝縮

 8thゴルフのステーションワゴン版、ヴァリアントが日本上陸を果たした。欧州でのハッチバック登場は2019年秋、ヴァリアントは1年後の2020年秋。1年のインターバルがあった欧州に対し、日本ではほとんど時間差なくラインアップが整った。これはヴァリアントの導入が素早いというより、ハッチバックの日本市場投入が遅かったことが影響している。
 ゴルフのワゴン版は3rdモデルから設定されており、この30年近くで300万台以上を全世界で販売した。日本でも1995年に導入が開始され15万台以上のセールスを誇る。

おすすめのニュース

サイトトップへ