サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ”ドーピング疑惑”のアンドレア・イアンノーネ、2月4日に控訴審。テスト欠場は不可避か?

ここから本文です

”ドーピング疑惑”のアンドレア・イアンノーネ、2月4日に控訴審。テスト欠場は不可避か?

”ドーピング疑惑”のアンドレア・イアンノーネ、2月4日に控訴審。テスト欠場は不可避か?

 アプリリアのアンドレア・イアンノーネは、2019年のMotoGPマレーシアGPの際に採取された尿サンプルを調査した結果、ドーピング違反を疑われている。イタリアのメディアによれば、イアンノーネは再検査でも陽性だったと言われているが、イアンノーネ本人はドーピングはしていないと主張し続けている。

 motorsport.comの取材によれば、イアンノーネは2月4日にスイスで行なわれるFIMの国際懲戒裁判所の審理に出席するものとみられている。それに伴いイアンノーネは、1月31日までに証人のリストを作る必要があるようだ。

■ドーピング疑惑のイアンノーネ、再検査も陽性か。食品の汚染が原因と弁護士主張

 ただし今年最初のプレシーズンテストが、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで2月2日から行なわれる予定であり、3日間にわたってテストライダーによってシェイクダウンが行なわれる。なおコンセッション(優遇措置)が適用されているメーカーは、レギュラーライダーもこのシェイクダウンで走行することができ、アプリリアもその対象チームとなっている。とはいえ、裁判の日程を考えれば、イアンノーネがテストに参加するのは難しいだろう。

 その後、2月6日からは同じセパンで、合同テストが行なわれる予定だ。

 2月4日の審理の後、裁判所には判決を下すために45日の猶予が与えられる。しかし開幕戦までは約1ヵ月しかなく、アプリリアとイアンノーネは、この日数を早めることを求めている可能性がある。

 なおイアンノーネのドーピングが”有罪”と判定された場合、彼には最大4年間のレース出走停止処分が科される可能性がある。

 イアンノーネがセパンテストに参加できないことになった場合、アプリリアはテストライダーのブラッドリー・スミスを、レギュラーライダーのアレイシ・エスパルガロと共に走らせることになるだろう。

 先日イタリアで報じられたところによれば、MotoGPで通算13勝を挙げたマックス・ビアッジをセパンテストに起用する可能性もあったようだ。しかし現時点でその実現は難しくなっていると見られている。

 アプリリアは今季、90度のV4エンジンを搭載するなど、抜本的な変更が施されたニューマシンを投入すると見られており、その比較として昨年型のRS-GPもセパンで走らせるようだ。この旧型のRS-GPには、世界スーパーバイク選手権(WSBK)のロレンソ・サバドーリが乗るものとみられている。

 サバドーリはペデルチーニ・カワサキと契約を結び、2020年のWSBKに参戦するものとみられていた。しかしスポンサーが手を引いたことにより、この契約は白紙に戻ったものとみられている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します