現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマの未来を変えていこうがテーマ!トヨタがJAPAN MOBILITY SHOW 2023に出展予定のモビリティ及びテクノロジーを公開

ここから本文です

クルマの未来を変えていこうがテーマ!トヨタがJAPAN MOBILITY SHOW 2023に出展予定のモビリティ及びテクノロジーを公開

掲載 更新
クルマの未来を変えていこうがテーマ!トヨタがJAPAN MOBILITY SHOW 2023に出展予定のモビリティ及びテクノロジーを公開

モビリティとやりたいことを一緒にかなえる未来を目指して

 2023年10月21日は、トヨタがJAPAN MOBILITY SHOW 2023に出展予定のモビリティ及びテクノロジーを追加で公開しました。

aidea「AAカート」「AAクーペ」 最新モデルをジャパンモビリティショーで世界初公開

●LAND CRUISER Se(ランドクルーザー エスイー) 

 スタイリッシュかつ高い上質感を兼ね備えたスタイリング、BEVならではのトルクフルな走りを提案。世界の多様なニーズに対応した3列シートSUVにて「ランドクルーザー」ブランドの新たな魅力を拡大する事を目的に開発されています。  市街地などのオンロード走行時には、BEVならではの高い静粛性による快適な室内空間を醸成。モノコックボディで意のままに操ることができるハンドリングとラフロード(荒れた道)を安心して滑走できる走破性が追求されました。

 サイズは、全長5150mm、全幅1990mm、全高1705mm、ホイールベース3050mmで、乗車定員7人です。

●EPU(イーピーユー) 

 高い耐久性を持ち、実用的でありながらもスタイリッシュなBEVとして、モノコックボディ採用の次世代ミッドサイズピックアップトラックがコンセプト。5m強の全長を持つダブルキャブ仕様に加え、モノコックならではのデッキスペースの使い勝手の良さがユーザーの用途を拡張してくれます。

 さらにキャビン背面の大胆なデッキスルー構造によって、ユーザーの多彩な要望を実現し、アウトドアなどユーザーのモビリティライフを幅広くサポート。

 BEVならではの静粛性に加え、低重心パッケージにより優れた操縦安定性・乗り心地が追求されています。

 サイズは全長5070mm、全幅1910mm、全高1710mm、ホイールベース3350mmで、乗車定員は5人です。

●LAND HOPPER(ランドホッパー) 

 新しい移動の価値観を享受できる前2輪とした3輪タイプの電動パーソナルモビリティコンセプト。折りたたみを可能とし、スペースに制約のあるクルマのトランクにも収納可能なため、クルマとの組み合わせで、旅先でのツーリングなど移動の楽しみを拡大させてくれる存在です。

 免許を持っていない人(16歳以上)でも運転可能。免許返納後など、ユーザーのライフステージに合わせたモビリティとして利用者の行動範囲を広げることで自立支援に貢献します。

 低いシート高により足つき良く、乗り降りがしやすいコンパクトなボディサイズなど、取り回しの良さに加え、チェーンやバネで機械的につなげた左右の前輪を上下させる特徴的なリーン機構の採用により、クルマや自転車とはまったく別次元の一体感のある爽快な走りを実感する事が可能です。

 サイズは全長1355mm、全幅600mm、全高930mm、ホイールベース1020mmで、乗車定員は1人です。

●JUU(ジェイユーユー) 

「どこでも自由に一人で移動できる」をコンセプトに、走破性とデザイン性を備えた電動車いすタイプの新たなコンセプトモビリティ。

 電動車いす(車いす)では移動が困難な場所でも自由に移動できることで、より利用者の行動範囲を拡張し、電動車いす(車いす)での移動を常とする身体の不自由な人の外出や雇用の機会を増やし、自立の支援に貢献してくれます。

 階段の昇降時には、左右2つの大きな駆動輪(主輪)で段差を乗り越えるとともに、背もたれ後方に格納されたフリッパーが倒れ、車いす本体の傾きを抑制し安定した移動をサポート。

 自動制御で最適な姿勢を維持することで、最大16cmの階段を昇降することが可能です。

 駆動系にはクルマで使われているモーターを採用。車載部品を採用することで、高品質かつ高い信頼性が追求されました。

 将来、ユーザーがJUUからクルマに乗り換えた後、JUUは自立走行にてバックドアまで安全に移動し、そのまま車内へ乗り込むとともに、降車時には運転席まで移動する先進の機能も検討中となっています。

 サイズは全長1110mm、全幅680mm、全高1040mmです。

●スペースモビリティ(プロトタイプ) 

 宇宙空間、月で活躍できるモビリティを想定し、特に走行系技術を開発推進する為の実験車両。モーター4個、ステアリング4個が各輪に装着され、地上にはない荒れた過酷な環境でも安全安心に走行するための仕様を目指しての開発が行われています。

 電気で走る高い走破性を持ち、例えば50cm程度の岩であれば乗り越えて走破できる事に加え、25度の急な坂を上ることも可能。同プロトタイプで磨き上げた技術が、ルナクルーザー等のスペースモビリティに活用されて行く予定です。

 サイズは全長3460mm、全幅2175mm、全高1865mmで、乗車定員は2人、最大登坂角度は25degとなっています。

●NEO Steer(ネオステア) 

 バイクハンドルをベースに、アクセル、ブレーキといった足元の操作系をステアリングホイールに集約した新時代のコックピット・コンセプト。

 異形ステリングホイールにより広く開けた視界やペダルレスによる広い足元空間により、ドライビングポジションの自由度やスムースな乗降性が実現されました。

 もっとクルマが愛される存在となり、すべての人に移動の喜びとワクドキを提供できる存在へ、さらに下肢が不自由な人でも両手で安心かつ直感的な運転が可能です。

関連タグ

こんな記事も読まれています

デュアルパーパスってどんなバイク! アドベンチャーとの違いは?
デュアルパーパスってどんなバイク! アドベンチャーとの違いは?
バイクのニュース
ヤマハ「TRACER9 GT+」の心地良い最新技術を体験 ミリ波レーダー装備でツーリングがさらに充実!!
ヤマハ「TRACER9 GT+」の心地良い最新技術を体験 ミリ波レーダー装備でツーリングがさらに充実!!
バイクのニュース
トヨタの“新型スポーツカー”「FT-Se」登場! なぜ“ド迫力ボディ”実現した? デザインに組み込まれた意図とは
トヨタの“新型スポーツカー”「FT-Se」登場! なぜ“ド迫力ボディ”実現した? デザインに組み込まれた意図とは
くるまのニュース
100万円超は高すぎる!! ビジネス用途に絞るべき!? イマイチ普及しない「超小型モビリティ」が市民権を得るための方法
100万円超は高すぎる!! ビジネス用途に絞るべき!? イマイチ普及しない「超小型モビリティ」が市民権を得るための方法
ベストカーWeb
ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場
ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場
くるまのニュース
電動サルーンの「新基準」 フォルクスワーゲンID.7へ試乗 286psで約600kmを実現
電動サルーンの「新基準」 フォルクスワーゲンID.7へ試乗 286psで約600kmを実現
AUTOCAR JAPAN
2台分のガレージが欲しくなる フィアット・ヌォーヴァ500 EV ロンドンの中心で体験(2)
2台分のガレージが欲しくなる フィアット・ヌォーヴァ500 EV ロンドンの中心で体験(2)
AUTOCAR JAPAN
荷室に積める伝説の折りたたみバイク「モトコンポ」が40年ぶりに復活!? 米国で発売されたホンダ新型「モトコンパクト」ってどんな乗りもの?
荷室に積める伝説の折りたたみバイク「モトコンポ」が40年ぶりに復活!? 米国で発売されたホンダ新型「モトコンパクト」ってどんな乗りもの?
VAGUE
中国BYDはいったい何がスゴイのか? 新型EVセダン「シール」に試乗。
中国BYDはいったい何がスゴイのか? 新型EVセダン「シール」に試乗。
くるくら
巨大バッテリーを丸ごと交換 技術は高度でも特徴は薄い ニオEL6 ロングレンジへ試乗
巨大バッテリーを丸ごと交換 技術は高度でも特徴は薄い ニオEL6 ロングレンジへ試乗
AUTOCAR JAPAN
2023年に発表された注目の1台 スバル新型SUV「レヴォーグ・レイバック」ってどんなクルマ? SNSでの反響とは?
2023年に発表された注目の1台 スバル新型SUV「レヴォーグ・レイバック」ってどんなクルマ? SNSでの反響とは?
VAGUE
伝統を継承しつつ時代に合わせて進化する一台。トヨタ「ランドクルーザー”70″」を発売
伝統を継承しつつ時代に合わせて進化する一台。トヨタ「ランドクルーザー”70″」を発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
トヨタが英国で「ヤリスクロス」の2024年モデルを公開! よりパワフルなハイブリッド電気パワートレイン搭載で小型車の新たな選択肢へ
トヨタが英国で「ヤリスクロス」の2024年モデルを公開! よりパワフルなハイブリッド電気パワートレイン搭載で小型車の新たな選択肢へ
バイクのニュース
日産『リーフ』次期型登場、新型EV3車種を生産へ…3台のコンセプトカーがモチーフに
日産『リーフ』次期型登場、新型EV3車種を生産へ…3台のコンセプトカーがモチーフに
レスポンス
トヨタが斬新すぎる「新型バン」を公開! 次期型「bB」として登場か!? “車中泊”にも本気で使える「最強モデル」を名古屋でお披露目
トヨタが斬新すぎる「新型バン」を公開! 次期型「bB」として登場か!? “車中泊”にも本気で使える「最強モデル」を名古屋でお披露目
くるまのニュース
街中での機動性はピカイチ!細部まで作り込まれた車体も魅力的なホンダ「CB125R」に試乗~高梨はづきのきおくきろく。~
街中での機動性はピカイチ!細部まで作り込まれた車体も魅力的なホンダ「CB125R」に試乗~高梨はづきのきおくきろく。~
バイクのニュース
250万円以下の新型「ゴツSUV」ホンダが発売!「ヴェゼル」とほぼ同じサイズの新型「WR-V」登場! 両車の“差別化”どうする?
250万円以下の新型「ゴツSUV」ホンダが発売!「ヴェゼル」とほぼ同じサイズの新型「WR-V」登場! 両車の“差別化”どうする?
くるまのニュース
スバルが斬新ライトの新「2ドアクーペ」実車展示! 「アルシオーネ復活?」の声も!? 話題の「スポーツモビリティ」とは
スバルが斬新ライトの新「2ドアクーペ」実車展示! 「アルシオーネ復活?」の声も!? 話題の「スポーツモビリティ」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村